HOME > 卓球用語集 > > シェークハンドラケット

卓球用語集

< サイド  |  一覧へ戻る  |  ショート >

シェークハンドラケット

手で握手する様に握るタイプのラケット。

両面にラバーを貼って使用する。

現在、多くの選手がシェークハンドであり、

握り方の主流であるといえる。

理由として、フォア・バックの切り替えがやりやすく、

ペンホルダーよりもバックハンド攻撃がしやすいためである。

反面、ミドルに来たボールに対して比較的処理しにくい

と言う欠点もある。

シェークハンドのグリップにも種類があり、

ブレードから曲線になって広がっているグリップをフレア、

真直ぐになっているものをストレート

直線で広がっているものをコニック、

樽形の様なグリップのアナトミック

など様々な形状がある。

ブレードからグリップエンドにかけてグリップ

徐々に厚くなっているストレートインクライングリップ

という形状も開発されている。


< サイド  |  一覧へ戻る  |  ショート >

カテゴリ:

このページのトップへ